合宿免許のメリットは短期間と広い場所での実地

最近の若年層は車の免許を取得しないといわれており、それに伴って自家用車を購入しないといわれています。

いつか自分の車を持ちたいという気持ちをもっていたのは第二次ベビーブーム世代で、今でも自動車の購入を検討するのはこの世代です。


若年層の中では、車を実際に運転するかどうかは別として、就職活動の際に必要な最低限の資格で自動車の運転免許を挙げています。



社会的にも、自動車運転免許は取得するべきという考え方が多く占めており、何かあった時に免許を持っていれば身分証明代わりにもなるから、と免許証取得の人気は落ちていません。



自宅からすぐ近くの自動車教習所に通うのもよいですが、1日に受講できる単位が限られていたり、教習所が空いている平日には学校や仕事があるために、スケジュールが組めないこともあります。
できれば短期間に集中して教習を受けることで、数か月かかってしまう免許証の取得を数週間で終える合宿免許を選ぶ人も多いようです。

合宿免許を選ぶ理由は、その費用の安さです。

よく、年齢と同じ金額の費用がかかるといわれている運転免許ですが、合宿免許ならその半分で済むこともあります。
朝から集中して教習を受けるため、遊んでいる時間はありませんが、同じ免許を取る仲間と一緒に過ごす数週間は楽しいものです。



人通りの多いところで教習するのはちょっと怖い、という場合に、広々とした合宿免許場で実地ができることはストレスにならないから安心という人もいます。